2010年11月11日

「サンダーストーン 完全日本語版」プレイレポート(その1)

 「サンダーストーン」の目的は、冒険者パーティのリーダーとなり、村で仲間や装備を整えながらダンジョンの奥に潜むサンダーストーンを手に入れることです。
 いずれかのプレイヤーがサンダーストーンを手に入れるか、ストーンがダンジョンの一番浅い地点まで進んできてしまったらゲーム終了となり、その時点で最も「勝利点」を多く獲得している者が勝者となります。

 本ゲームのルールを読むと、一見やることが多くてごちゃごちゃしてるように感じますが、やってみるとシンプルなルールであることに気づきます。
 実際、今回は3人でプレイしてみたのですが、序盤こそルールを確認しつつのゆっくりペースながら、慣れてくると3人全員が1回ずつ手番を行っても1分かからない、こともあるくらいです。


(プレイ準備をした状態)

 まずは準備を行います。
 「ランダム決定」カードを用いて、8種類の「モンスター」カードから3つ(以上)、11種類の「英雄」カードから4つ、19種類の「村」カードから8つを決定し、それに基本カード4種類を加えて並べていきます。
 そして、本ゲームの特徴の1つなのですが、選ばれなかった種類のカードはその回のゲームでは一切使用しません。そのため、使用するカードが毎回同じとは限らず、あわせて戦術も毎回変化することを楽しめることになります!

1.ダンジョンを作る。
 1)決定した3種類の「モンスター」カードをシャッフルし、ダンジョンデック(山札)を作ります。
 2)そのうち下の10枚に「サンダーストーン」カードを混ぜシャッフルし、ダンジョンデックの一番下に戻します。
 3)上から3枚をオープンして並べ、ダンジョンホールとします。


2.村を配置する。
 1)「英雄」カードを種類ごとに下から3レベル、2レベル、1レベルの順に重ねて置く。


 2)基本カードを種類ごとに分けて置く。ちなみに、基本カードの扱いは「村」カードと変わりません。異なるのは「必ず使用する」点だけです。


 3)「村」カードを種類ごとに分けて置く。


 4)「病気」カードと「経験点」カードを置く。


3.パーティデックを作る。
 1)各プレイヤーごとに、「民兵」カード6枚、「たいまつ」カード2枚、「ダガー」カード2枚、「保存食」カード2枚を、村から引いてきてシャッフルし、パーティデックとする。
 2)パーティデックから手札6枚を引く。

 これで準備完了です!


ランキングにご協力ください↓ にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
同じカテゴリー(リプレイ&プレイレポート)の記事画像
「パンデミック 日本語版」プレイレポート
D&Dスターター・セット プレイヤーの書レポート
「チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ日本語版」プレイレポート
「フォーミュラD」プレイレポート
アニマ:オメガの影(第2版) プレイレポート
「サンダーストーン 完全日本語版」プレイレポート(その2)
同じカテゴリー(リプレイ&プレイレポート)の記事
 「パンデミック 日本語版」プレイレポート (2010-12-10 13:49)
 D&Dスターター・セット プレイヤーの書レポート (2010-12-07 12:00)
 「チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ日本語版」プレイレポート (2010-12-03 12:01)
 「サンダーストーン 完全日本語版」ソロプレイ、レポート (2010-11-29 13:59)
 「フォーミュラD」プレイレポート (2010-11-21 13:05)
 アニマ:オメガの影(第2版) プレイレポート (2010-11-20 13:01)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

 ランキングにご協力を↓ にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
削除
「サンダーストーン 完全日本語版」プレイレポート(その1)
    コメント(0)